2017-12-22

スペシャルアイテム LAST


いよいよクリスマス!

スペシャルアイテムの報告も今回が最後かと。

最後に相応しい、魅力的なアイテムが仕上がりました。

MOTORATORY 
パッチワークファスナーウォレット

ハンドダイの色出し、カラースワッチ制作から生まれたシリーズ。

全てのパーツが1つずつ微妙に異なる色調を繋げていくことによって
唯一無二の逸品に仕上がっております。

詳しくご紹介


今回はブラック、ブラウン、グリーン、ブルー
全てコードバンを使用しています。


様々な色調に染色後、正方形にカット。

数本仕上げるだけで、ピースの数はヤバいことに、、。
この時点で、縫製を考えるとゾッとします。


あれこれと配置を考えながら、気合いでピースを縫製していきます。

写真の通り、正に全てが1点もの。
色味も配置も全てが異なります。

一見奇抜なデザインに思われますが、
ランダムでありながら、しっかり統一感があります。








ブラウン


ブラック


グリーン


ブルー


新品でも十分魅力的ですが、ここから経年変化が進むことによって、
更に色の変化が生まれていくことでしょう。

ハンドダイの醍醐味を存分に味わえること間違い無しです!


写真でも伝わると思いますが、手間がほんとに半端ないわけで、、

いつも通り、数は極少です。申し訳ございません。
(時間的に体力の限界でした)

上記パッチワークコードバンは、
MOTOSTYLE-STORE 南青山のみの販売となります。
23日(土)には店頭並べられると思います。

ご覧になられたい方はお早めに!


続いて、もう1点


前回ご紹介したホースバット・クラストレザーのハンドダイ。

自然のマテリアルをいかしたムラ染めです。

前回はネイビー色でウォレット制作しましたが、

またまた制作過程で閃いてしまいました。

実験のつもりで試してみましたが、なかなかいい感じ。


ホースレザーならではのムラ染め、オリーヴグリーンの染色で
40年代あたりの味のあるミリタリーコットンベルトのような
雰囲気を表現できないかと。


MOTOのオリジナル時計はとてもモダンに見えますが、
1900年初頭のレアなミリタリーをベースにしているので相性抜群でしょう! 



ブラックの文字盤にミリタリーグリーン。

かなりイケてます。


一見するとファブリックのような軽快な雰囲気、

もちろんナチュラル仕上げのレザーですので
エイジングもバッチリ期待できます。

レザーでファブリックを表現するという、
これまたマニアックなアプローチですが、
こういうのもスペシャルならではでしょう!



他にはホースバット・クロムエクセルを使用したベルトも
数本制作できました。


裏側のコードバン層のみを表面に使っていますので、
裏面がクロムエクセル仕上げ。

渋い表情のマテリアルですので、
文字盤はブラックのクサビ文字に合わせました。


こちらは、今期初登場のWICKETT&CRAIG社のクラストレザー。



ミリタリーの白文字盤に合わせてみました。



説明不要な王道な佇まい。

腕周りは革のエイジングも早いので、
それ程時間もかからずアメ色への変化が味わえることでしょう。



時計は、MOTO青山、米子、岡山
各店23日(土)には店頭に出せる予定です。

SOLD OUTの商品もありますが、
各店まだまだスペシャルアイテム扱っていますので、
皆様のご来店お待ちしております。